ドラマを見て
 昨日のテレビの百年続く足袋さんがマラソンシューズを作るまでの苦労や資金面での苦労などを自分のことのように見入っていました、資金面などでもあんなに新味になって金行員がしてくれるだろうかとか,従業員は社長についてきてくれるのだろうかなどと考えながら見ていました、私どもも今までのやり方を少しづつ変えていかなければ時代に置いて行かれそうな感触はいつでもあります、年を取ると今までのやり方がを変えていくのに労力を要するしなるたけやりたくない気持ちのほうが先行してしまいそうで、しかし変えなければ会社がなくなる、そうゆう時代に入っていますね、そこには、実績・信用がいつでもついて回ります、新規のお客さんに私どもが良いものを提供しようとしても実績がないとか、信用がいまいちとかで受注に至らない時があります、私は当社の社員はどこに出してもよい品物を作る事ができると確信しています、今の時代それだけではないのでしょうね、来週の日曜のドラマが楽しみです。
スポンサーサイト
2017/10/16(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kawanokoumuten.blog83.fc2.com/tb.php/210-5f8d3511
前のページ ホームに戻る  次のページ