工事量の増加
 震災後の工事量が増加するなか、工事を施工する能力が低下しています、材料の不足、施工者の人間確保、それに伴い型枠・鉄筋・足場関係の施工単価が著しく値上がりしているのが現状です、どうしても忙しくなると単価の良いところにいく傾向が今までもありましたが、今までの付き合いを無視してまでもその方向に向かってしまうと今後、仕事がなくなってきたときに敬遠されてきます、私どももバブル時代を経験しているので、状況をしっかり見つめて工事の受注をしていきたいし協力業者の方たちにもその旨を伝えていつまでもこの景気が続くはずも無いので、この状況をいかに乗り切っていくかが今の緊急課題ですね、仕事があればある出問題があるし仕事が無くなればまた問題だし、いかに現状を見極めながら皆さんの協力を得ながらしっかりとした施工をしていきますので宜しくお願いします。
スポンサーサイト
2011/12/01(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kawanokoumuten.blog83.fc2.com/tb.php/107-2a592e89
前のページ ホームに戻る  次のページ