原子力施設
 今、東海村の村長は原子力発電所の廃炉を強く出しているようですが、私どもでは一番心配しているのが発電所を止めても40年間管理していかなければならないことです、国の政策で設置した施設は管理がされるかもしれないけど民間の施設はどうでしょう、利益を生まない施設管理にお金をかけるでしょうか、最低限の管理での災害対策は出来るのでしょうか、現在東海村には原子力発電所は1箇所ですが研究発電所は三基有ります、今まで私どもは原子力発電は原子力を止めれば安全ですよ、そう説明されていましたが燃料が完全に冷えるまでの40年の期間は説明されていませんでした、技術者育成と震災対応の安全性を確保していただければ私は継続して良いと思っています、30キロ圏内での100万人が安全に生活できるような強固な施設に生まれ変わってもらいたいですね。

廃炉ばかり先行していくと東海村自体が廃墟の村になりかねないです。
スポンサーサイト
2012/04/09(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る