復興にむけて
 東北に比べれば、茨城県は被害が少ないようですが、これから始まる稲作も水の確保ができないため作れないところが多く、そのほかに風評被害で作付けしても出荷できないのではとの不安があり、連休に稲作をする人にとって大変な時期に来ています。建設関係は新年度を向かえ新規予算が確定するまで例年ですとこの時期は一休みの時期ですが災害の復旧作業で連休も作業する状況です、まだまだ、余震が続き復興に時間が必要ですが確実に動き始めているし、建設関係が元気を取り戻し経済を活性化できることはみんなに影響すると思います。
 私どもの会社も社員一人一人が忙しい毎日を送っていますが体に気をつけてがんばってもらいたいです。
スポンサーサイト
2011/04/27(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
災害後の影響
 何処に行っても建設業の方たちは忙しいでしょうといわれますが、今までの建設業が衰退していたのに急に工事が出たから対応できるか、疑問に思う、今後の工事も材料の値上がり・材料不足・便乗値上げなど先行き不安な要素があり今後の工事受注を慎重に対応しなければならなくなっています、個人消費は確実に落ち込み景気は悪くなることは今の現状をから明らかに起こると思います、社会情勢に気を配りお客様の対応に当たりたいと思っています、誰もが少なかれ災害にあっていると思いますので早めに正常な生活に戻れるようにがんばっていきましょう。
2011/04/09(Sat) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る