中学生来社
中学生の学習体験を受け入れたところ六人の学生が来社し二日間の体験をしました、ほとんどの学生は木造住宅に興味を示して作っている過程を熱心に見ていて質問も多かったですね、土木の現場では建設機械に興味を示していましたが、あまり熱心さはうかがえなかった様に見えました、どうしても見た目に綺麗で後に残る住宅が良いように感じました、住宅が出来上がるまでにいろんな業種の職人さんが係っているとは思わなかったみたいでほとんどが大工さんだけで仕上がっていると思っていたようです、今の時代は分業制で基礎、大工、屋根、サッシ、設備、電気、内装、その他に納品業者など入れると建築に係る業者の人たちは多くいることが分かったみたいです、これを機会に将来当社に入社してくれるとよいのですが。
スポンサーサイト
2017/11/14(Tue) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月に入り
 寒さが一段と厳しくなってきたこの頃です、秋も終わり冬支度になるこの季節人間ばかりでなく動物もそのようで今まで見たことのない狸がカキの実をかじっていました、甘がきが今年は多くできたようで木登りをしてかじっている姿を朝方見つけました、夜行性のはずなのにと思いながら住み着いてしまったら困ると思い追い払いましたがこんな民家まで来るようになったのかとしみじみ思います、今、捕獲機はホームセンターなどで売っていますが獲るには講習を受けて許可をもらわないと勝手にとったり、殺すことはできないみたいです、私どもの近所ではブドウの栽培をしている農家が多いので皆さん講習を受けて捕獲機を設置しているようでハクビシンが何匹か捕獲されているようです、これからあっとゆう間に正月の声を聴くようになりますね、体調管理をしっかり行い寒さを乗り越えていきたいと思います。
2017/11/01(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
衆議院選挙も終えて
 今回、自民党が大勝しましたが野党がだらしない選挙になりましたね、特に民進党はひどい、七年前は民主党に期待し政権交代をしましたが公約は全部といっていいほどないがしろにされて、私ども建設業はコンクリートから人への政策の下、仕事がなくなり人員整理をしていた中、東日本大震災になり工事があっても人がいなく復旧工事に参加できなかった苦い経験がありす、民主党が掲げた高速道路無料化・沖縄からアメリカ軍を撤退させるなどいいことばかり言って、結局何一つ今に実現されてない、そうゆう人たちが選挙の時だけ集まって、国民も信用しなかった結果だと思います、自民党も政権交代されないように気を引き締めて国民のためになるような政治を行ってもらいたいですね。
2017/10/26(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋雨
 毎日天気が雨で仕事に影響してます、今週は昨日が少し晴れたくらいでほとんど雨の予定です、土建屋を殺すのには刃物ではなく雨の三日も降れば良いと昔のたとえ話がありますが、私も長年土木の仕事をしていたので朝、雨の音を聞くとどうしても起きる気になれなく寝過ごしてしまいます、毎日平均五時には起きてしまい朝食事までが長いのですが雨が降ると気が緩む傾向にあります、長年の職業病ですかね、今の時代は多少の雨でも仕事はしているし、建築工事は多少の影響はありますが屋根さえ上がってしまえば仕事はできるし前みたいに日給制度でなく月給が多くなり働く人たちにも意識改革ができているように思われます、それにしても雨は建設業にとってあまりほしくないですね。
2017/10/19(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ドラマを見て
 昨日のテレビの百年続く足袋さんがマラソンシューズを作るまでの苦労や資金面での苦労などを自分のことのように見入っていました、資金面などでもあんなに新味になって金行員がしてくれるだろうかとか,従業員は社長についてきてくれるのだろうかなどと考えながら見ていました、私どもも今までのやり方を少しづつ変えていかなければ時代に置いて行かれそうな感触はいつでもあります、年を取ると今までのやり方がを変えていくのに労力を要するしなるたけやりたくない気持ちのほうが先行してしまいそうで、しかし変えなければ会社がなくなる、そうゆう時代に入っていますね、そこには、実績・信用がいつでもついて回ります、新規のお客さんに私どもが良いものを提供しようとしても実績がないとか、信用がいまいちとかで受注に至らない時があります、私は当社の社員はどこに出してもよい品物を作る事ができると確信しています、今の時代それだけではないのでしょうね、来週の日曜のドラマが楽しみです。
2017/10/16(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ